「依頼人カップルを別れさせる」別れさせ屋工作の全容

別れさせ屋の仕事と言えば「依頼人と三角関係に陥っているカップルを別れさせること」というイメージではないでしょうか?

実は「依頼人本人が別れたい」という場合も、別れさせ屋の出番です。別れさせ屋のもとに集まる危険な依頼内容について紹介します。

 

「離婚してくれない」時の別れさせ屋

「離婚してくれない」時の別れさせ屋

夫婦間トラブルで意外と多いのが「離婚に同意してくれない」というものです。離婚は夫と妻両方の同意がないと出来ません。もしくは、どちらかが「夫婦関係が破綻した原因」つまり不倫や浮気をしている場合だけ、一方的に離婚することが出来ます。そんな状況で身動きのとれなくなった依頼人が、毎日のように別れさせ屋のもとを訪れています。

 

浮気調査であっさり離婚できるケース多数

離婚してくれないという依頼の場合、工作する前に必ず「浮気調査」が行われています。

実は、このタイミングであっさり浮気の証拠が出てくることが多いのです。慰謝料を払いたくない・不倫相手との新生活の目途がたつまで今の生活を続けたいという魂胆で、離婚を拒否していたといういきさつです。浮気の証拠があれば、依頼人から一方的に離婚を突きつけることが出来ます。こんな風に、別れさせ工作に入る前に解決してしまうことも多々あるのです。

 

離婚してくれない夫・妻への工作方法

これといって浮気や素行不良の形跡がない場合、いよいよ別れさせ屋の工作に入ります。工作員がターゲットの前に現れますが、不倫関係には発展することはありません。なびくようにみせかけてなびかない、絶妙な距離感を保ちます。

「離婚すれば新しい相手(工作員)とお付き合いできる」

そう思ったターゲットが離婚届にサインしたところで、工作員は行方をくらませるのです。離婚届のサインさえもらえれば、依頼人はなるべく元配偶者から距離をおきます。別れさせ屋のターゲットとなった元配偶者は、浮気心を起こしてしまったうしろめたさが原因で、自分から復縁を申し出ることはできません。

 

DV夫と別れさせる危険な例も

なかには「DV夫から一刻も早く逃げたい」という危険な依頼もあります。家庭内暴力癖のある夫は妻への執着が強く、別れさせ工作は難航します。それでも早く離婚を達成しないと、依頼人や子供たちの命にかかわります。

大手別れさせ屋なら、法律の専門家とのパイプもあります。予算や必要性に応じて依頼人に紹介しながら、時に工作員を複数人投入して対処しています。

 

「別れ話のこじれ」に対処する別れさせ屋

「ストーカー化しそうな相手と別れたい」ときの別れさせ屋

別れ話がこじれてストーカー化する人も多く存在します。心療内科への通院歴があったり、普段から人間関係でトラブルを起こしがちな人は、振られそうになると凶暴化してしまします。恋人となんとか穏便に別れたい人も、別れさせ屋を頼っています。

 

まずはターゲット分析から

ストーカ化してしまう人は、常人だと思いつかないような発想をしがちです。交際中の態度や口調だけでは、心の内をはかり知ることは出来ません。この場合は依頼人からのヒアリング・ターゲットの素行調査を綿密に行って、行動から性格を分析しています。固執している習慣や他人への接し方、最近ターゲットの身におこった出来事から心理状態を予測したら、いよいよ工作が始まります。

 

「魅力」よりも「包容力」のある工作員を使う

心に問題を抱えている人は、美男美女に対してあまり魅力を感じません。自分の話をしっかり聞いてくれる人や、器の広い人物を好む傾向にあります。

大手の別れさせ屋には、こんな精神状態の人にも対処できる工作員が在籍しています。工作員と依頼人双方の身の安全を最優先しながら、やはり交際するかしないかとギリギリのラインを保ちつつ、対象の興味を工作員に移していきます。

 

大手別れさせ屋しか対処できない理由

依頼人カップルを別れさせる依頼は、大手や法律家監修の別れさせ屋にしか対応できません。理由は、違法と合法のラインを見極めが難しいことです。

別れさせる方法は、工作員による誘惑だけではありません。もっと確実に「別れさせ屋工作員とのデートを依頼人が目撃する」というシチュエーションを作る場合もあります。こんなテクニックを用いる場合、別れさせ屋の行為がターゲットに対する詐欺や不法行為にあたらないのか、慎重な判断が必要になるのです。

 

  • 詐欺やまやかしではなく、あくまでもターゲットの自由意思で工作員に好意をもった
  • 肉体関係をもったり、脅迫にあたる行為をしていない
  • わずかな金額でも不当にお金をだまし取るようなことはしていない

 

こんな状況を作り出すことで「合法性のある別れさせ工作」を実現できるのは、きちんと工作員の教育環境を整えている大手別れさせ屋だけです。

 

依頼人の気持ちを見極めるテクニックも重要

別れさせ屋にとってもっとも重要なのが、依頼人の最終希望を引き出すテクニックです。

「今は許せないが、冷却期間があれば復縁したい気持ちが沸いてくるかもしれない」

こんな風に期待している依頼人に対して、決定的な亀裂を生むような工作をするのは、別れさせ屋として下流です。逆に、暴力やストーカー行為に悩まされている場合は、きっぱりと忘れてもらう工作が必要です。

そうした希望を引き出せるかどうかも、別れさせ屋の腕の見せ所です。

 

 

 

 

This entry was posted in .