時には命がけでターゲットを別れさせる 別れさせ屋の工作員はかなりハードな仕事

別れさせ屋の工作員は、命がけの仕事

依頼者の要望通りにターゲットに近づき、仲良くなることでターゲットと恋人を別れさせるのが別れさせ屋の工作員の仕事ですが、これは想像以上にハードな業務なのです。

別れさせ屋は依頼を受けた後に、外部のプロフェッショナルの工作員を雇うケースが多いのですが、その工作員には高額の報酬を払うのが普通です。依頼が多い売れっ子の工作員の年収は、軽く1000万円を超えることもあるそうです。

それは工作員が持つ話術や人心掌握術などの高いスキルに対しての金額であるとともに、その業務の危険性に対する報酬の意味も持ちます。

別れさせ屋の工作員の業務は、依頼事に多岐にわたるのですが、ここではいくつかの事例を交えて、その業務の大変さついてご紹介します。

別れさせ屋の工作員は、好きでもない人と親密にならなけらばならない

ある女性から、旦那と浮気相手との関係を壊してほしいという依頼が来た場合、工作員はまずはその旦那と深い仲になることによって浮気相手との関係を壊すという手法が一般的です。

こういった場合、工作員は見ず知らずの男性と恋愛関係を演じなければなりません。そのプロセスの中では、男性側からスキンシップを求められることもあるでしょう。(この際、性行為に及んでしまうと公序良俗に反しているということで不法行為になってしまいます。)

ターゲットの男性がどんなに自分の好みでなくてもそういったスキンシップを取らなければいけない工作員という仕事は、特に若い女性にとっては辛いことが多いのではないでしょうか。

好みでなくてもスキンシップを取らなければいけない別れさせ屋の工作員

 

別れさせ屋の工作員は危険なターゲットに近づかなけらばならない時もある

別れさせ屋に来る依頼はパートナーと浮気相手との関係解消だけではなく、DVに苦しんでいる女性が旦那と別れるために、別れる正当な理由として旦那に浮気をさせてほしいというケースもあるのです。

こういった場合、工作員が接近しなければならないのは妻にDVをするような乱暴な男性です。その男性と親密になったとたん、同じように暴力被害を受ける可能性があるのです。

工作員の仕事は複数で行うこともありますが、男性と親密にならなければならない以上、二人きりになる瞬間は非常に多いので、そういった場合は工作員は自分の身を自分で守らなければなりません。

しかし自らの仕事が危険であるという自覚のある工作員は、護身術などを心得ていることが多く、優秀な工作員はそういった危険な事例にも対処できるものです。

別れさせ屋の工作員は仕事が終わってからが大変

別れさせ屋の工作員の仕事はターゲットとその恋人を別れさせることです。別れさせることに成功したら基本的に業務は完了なのですが、時には業務が完了した後にも厄介なことが起きてしまいます。

これは実際に合った事例なのですが、不倫をしている奥さんとその浮気相手を別れさせてほしいという依頼を受けた工作員が無事に別れさせることに成功し、任務を完了したそうです。しかし、その依頼が終わった後も工作員の男性はLINEなどで親密になった依頼者の奥さんと連絡を取っていたそうです。

その事実に気づいた別れさせ屋の事務所側は工作員に報酬の返還を求め、また今後二度と契約をすることはなかったそうです。

このように、工作員としてターゲットに近づいたは良いものの、恋人のふりをしているうちに本当に相手を好きになってしまう人も少なからずいるのです。毎回ターゲットと親密な関係を築いて、依頼が終わったらきれいさっぱり相手のことを忘れなければいけない別れさせ屋の工作員には、自分を律する強い精神力が求められるのです。

また、こういったケースもあります。

ある女性の工作員が男性のターゲットと恋人のふりをしてターゲットの恋人と別れさせて依頼が終了したのちに、工作員が男性のターゲットにストーカー被害に遭ったというものです。

基本的に別れさせ屋の工作員は、任務が終了した後はターゲットとの連絡を急に断ち、姿をくらませることが多いのですが、偶然街でターゲットの男性に見つかるということもあるのです。

よって、多くの工作員は、ターゲットが住んでいるところから離れた場所の住人から選ばれることが多いですが、インターネットが発達したこの時代では、SNSなどを伝って居所がばれてしまう可能性もあります。別れさせ屋の工作員は、任務が終わった後のプライベートでも怯えて過ごさなければならない可能性があるのです。ですので万が一のストーカー対策もきちんと行っておかねばなりません。

別れさせ屋の工作員は、任務が終わった後もおびえて過ごさなくてはならないかも。

今回別れさせ屋の工作員がいかにハードな仕事なのかを説明してきましたが別れさせ屋への依頼料が高くついてしまう理由がお分かりいただけたかと思います。このような危険な思いをしている工作員に対しては、時給1000円や2000円というわけにはいきませんよね。

また、工作員の求人というものは表立ってされていることはほとんどありません。大体が秘密裏に人づてで工作員が募集されます。もしあなたが将来別れさせ屋の工作員の仕事に就くかもしれないという時になったら、今回お伝えしたその仕事の危険性についても十分考慮するようにしてください。